料金と地図





成績を上げる、志望校に合格する、この為に必要な勉強時間は何時間ですか?

この質問の答えは、もちろん生徒ごとに異なります。
だから、塾の介では、必要な勉強時間を確保しています。

だからやる気があれば最大で4時間半の学習ができます。
また、追加料金がないので、生徒と講師と相談して学習を進めていきます。

17:00~21:30の時間帯で生徒の学習状況、生活習慣を考えて通塾しています。
 
 札苗中の中3のN君は
 月曜日と水曜日は19:00~21:30
 火曜日と木曜日は17:00~18:30 という計画的に通われています。

 部活動を頑張る札苗北中の中2のT君は
 月曜日~木曜日を19:00~21:30と部活動を終わってから学習しています。

 習いごとのある札苗中の中1のKさんは
 ピアノの習いごとで火曜日はお休みし、それ意外の月曜日、水曜日、木曜日を2時間学習しています。



当然、生徒のやる気が最高潮に高まるのは、テスト前!

追加の申し込みすることなく、生徒が長く勉強することが可能です。

だから成績向上につながりやすく、勉強が苦手な生徒もゆっくりと指導ができます。



追加の可能なメニューは、塾内生限定の特別講習と北海道学力コンクールです。

ただし、すべて任意です。強制参加ではありません。

こちらから、「講習参加は必要ですね。」というようなお話はしません。むしろ通常の17:00~21:30のコースを少しでも長く勉強する方をオススメしています。

また、北海道学力コンクールの受験も任意です。
高校入試への意識の差があります。早い生徒では中1から毎回受験しています。逆に中3の夏まで受けない生徒もいます。

また塾内では、別の社外の実力テストを実施しています。そしてその学力テストの費用は、テキスト代に含まれています。

※北海道学力コンクールを強制実施しないのは、実施日を変更することができないためです。そのため実施日が変更できる社外テストを実施し、生徒ごとの日程で受験しております。

※以上の料金は希望者のみです。
※料金の全体像を把握するために記載しています。
 

教室は雁来自治会館を使用させて頂いております。
住宅街にあります。そのために車での送迎で、後ろの車を気にする必要はありません。

また、場所としてはわかりずらい場所にあります。
もしわからない場合には携帯番号 080-6083-9497 (渡邊)までご連絡下さい。

周囲の電柱に小さいですが、看板が設置されております。ぜひご参考にしてください。







大きな地図で見る< /small>


●料金の比較

学習塾選びは本当に大変です。

「お子さんにどのような教育が合っているのか」
「そしては料金はどうなっているのか」


教育サービスを大きく分けると、

通信教育、家庭教師、学習塾の3つに分類されます。



(1)通信教育

通信教育は、インターネットを使ったり、毎月テキストが配布されるような教育です。一人でも学習できるように楽しい仕掛けがあります。その反面一人で学習する必要があるので、

始めの月は頑張っていたけど・・・
グッツがほしいだけ・・・

という声も聞きます。

そして最大のメリットは
比較的安い
時間や場所を選ばない ことです。

通信教育ですすめる場合には、始めのうちはゆっくりと家の方の協力が必要です。

導入さえうまくいけば、すばらしい教育サービスだと思います。




(2)家庭教師

家庭教師は家に先生が来てくれるので、一昔前はガリ勉で費用が高いイメージでした。
ただ現在は費用も比較的安い家庭教師の会社もあります。

ただ家庭教師の不安は、

家庭教師の質の問題です。


家庭教師の多くは大学生がほとんどです。
社会人のプロ家庭教師もいますが、その場合にはやはり費用は高くなります。

大学生の場合、彼らは教育のプロではありません。
勉強ができるお兄さんで、教え方がうまいわけではありません。

もし仮に本州から来た大学生ではあれば北海道の入試制度も知らないという方も・・・
そして彼らも大学でテストがあるため、テスト前になかなか来てもらえないという方もいるようです。


ただ、優秀の学生や親身な学生もいっぱいいます

優秀な学生に当たればとても素晴らしい制度だと思います。

家庭教師の方との出会いで人生が変わったという学生もいっぱいいます。

そして家庭教師の会社も教育にとても力を入れている所もあります。

家庭教師を行なう際には、先生選びが大切になります。




(3)学習塾  (a)一斉指導

学習塾は大きく分けると、一斉指導と個別指導があります。

一斉指導は黒板やホワイトボードを使って指導します。

学校の指導スタイルに近い形です。ただ1教室の生徒数を制限したり、レベルによる制限を行い、効率的に指導を受けられます。

一斉指導のデメリットは、

全員が同じ内容を学習しなければならない所です。

そのためテスト前に塾を休みたいという生徒もいるようです。

ただしレベルが合えば、

生徒同士の一体感が感じられ、お互いに競争心も生まれます。

効率的な知識獲得は、一斉指導の学習塾がオススメです。





(3)学習塾  (b)個別指導

個別指導は、講師と生徒の比率でさまざまな塾があります。

講師1名で生徒1名で指導する完全個別、
講師1名で多くの生徒を教える集団個別もあります。

塾の介は集団個別という分類になります。
チームで指導をします。教室内に講師が1名~4名ほど配置させて頂きます。

講師1名当たり、生徒の数が少ないほど料金は高くなります。

そして、家庭教師と同様に講師の質も問題になります。

個別指導の先生は大学生が多いからです。


塾の介では経験豊かな正社員と若い熱意のあるアルバイト講師がチームを組み指導に当たります。



宿題どうやってやってもらうかが鍵になると考えています。

宿題は大切です。

人間は忘れる動物だからです。

どんなすばらしい指導でも、忘れてしまいます。

そのために反復練習が必要です。


ただし、宿題をやらない生徒をどのように指導するかが重要になります。

そこで塾の介では、反復練習を塾内で行います。もちろん個別指導で何度でも指導します。

チームで指導しているので、指導が長くなっても大丈夫です。

講師を独占することで、他の生徒が指導できないことはありません。



●料金の比較の表です。


それぞれの学習塾でカリキュラムや教材、管理の仕方が違います。

料金だけで単純に比較できないとは思いますが、

札苗中学校、札苗北中学校近隣になる個別学習塾の料金の比較です。

ホームページやチラシなどから調べました。参考にして頂ければ思います。